Kimono-Joyaプロジェクト

Kimono - joya

“新たな大陸を探すように西へ伸び、日の沈ずんでいく西の地スペインと 前へ出て大陸に光を取り込むかのように伸びる東の国、 日本。このユーラシア大陸にある両極端の二つの国、西と東とのこの地の果てを結びつけるのがこのKIMONO-JOYAプロジェクトである。

人の体にも注目したい。“足の存在がこの大地と体とを分ける果てではないだろうか。” “その体の果てとは肌ではないか。” 世界と我々を隔てるものが肌だとすると我々の体を包む着物は私たちのもう一つの肌ではないか。人間が常に芸術として扱ってきたもう一つの肌、それが着物であろう。“ カルロス ムニィスと根岸文子の努力のもとに生まれたKIMONO-JOYA展。もう一つの肌である着物。長い間の美しい日本の帯は、芸術作品として世界からも知られている。何百年という伝統の中で受け伝えられた帯の文化は、私達西洋人の目には、前衛の芸術作品としても映るのである。その豪華絢爛な帯を隠しつつ、着物の上に羽織るための厚い絹の黒い羽織。その羽織がベースに使われているのがKIMONO-JOYAプロジェクトである。

このプロジェクトの羽織は華やかな色は使われず深い黒の色、そしてTの幾何学的な形をしている。その形は、外からの光の侵入を巧妙に妨げることで、絶妙な上品な空間を作り出す日本の伝統建築を思い出させ、多くの作家が、この幾何学的なTの形に興奮し、制作に取り組んでいった。また、夢の世界、想像の世界に招待してくれるような深い黒、真っ黒な夜のような幻想の世界に惹かれていった作家も多い。

Ignacio Gómez de Liaño